トルコのイスタンブールは、ヨーロッパ側とアジア側の二大大陸にまたがる都市で、その中心を貫くボスポラス海峡は、黒海、マルマラ海、そして、金角湾に注ぎ込んでいます。世界遺産や歴史的観光スポット、ベリーダンスやトルコハマムまで、イスタンブールは見所満載の魅力の街と言えるでしょう。その中でも、トルコ最大の観光スポットと言われているのが、「トプカプ宮殿」です。この宮殿は、オスマントルコ帝国のスルタン(権力者)メフメト2世が作らせたもので、当時のスルタン達の豪華な部屋や調度品が見所となっています。ハレムのタイルの美しさや、宝物館にある86カラットもの大粒のダイヤモンド、バグダッドキョシュキュから見渡せる海峡の吸いこまれそうな青い風景等、ゆっくりと見物して下さい。トルコに来たら、一度は体験して欲しいのが、「トルコハマム」です。ハマムは、お湯に浸からずにスチームで暖められた大理石の上で汗腺を開く、日本の銭湯のような存在。その後に、あかすり、体洗浄、オイルマッサージと言うのが定番で、終わった後は肌がびっくりするくらいスベスベになっていますよ。どの街にも必ずハマムは存在しているので、旅の疲れを癒してみるのもいい思い出ですね。最近人気の「ベリーダンスショー」も、本場のトルコで体験する事が出来ます。タキシム広場から徒歩10分の所にあるケレヴァンサライ・レストラン・アンド・ナイト・クラブでは、トルコのテレビでもお馴染みの有名ダンサーによるベリーダンスショーを見る事が出来ます。